太陽と南の島


太陽と青い空と南の島があれば幸せ♪
by mahaloa
カテゴリ
全体
BALI 7
BALI 6
BALI 5
BALI 4
BALI 3
BIG ISLAND 3
BALI 2
BALI
BIG ISLAND 2
BIG ISLAND
TAHITI
OKINAWA
GUAM
Taipei
Kota Kinabalu
Taipei2
南の島のウマウマ
南の島のお土産
南の島の花
南の島の?!?!
SEOUL
日本 西へ東へ
ごあいさつ
たわごと
にゃお!
フォロー中のブログ
Link is Rings ♪
北川温泉 望水③ プライ..
from おマメ日記
北川温泉 望水② お部屋
from おマメ日記
北川温泉 望水① 絶景ラ..
from おマメ日記
母(アンマー)の味、ふく..
from おマメ日記
201108伊豆旅 朝食..
from Sky is the limit
201108伊豆 至福の..
from Sky is the limit
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

プールサイドの白昼夢 ~ at The Chedi Club 

The Chedi Club のプールサイドへやって参りました。

皆さまのblogで拝見していて、「素敵なプールだなぁ♪」と楽しみにしていましたが、そのとおりに、緑に囲まれたオサレなプールです。

水面に陽の光がキラキラしてきれい・・・。

e0068534_11571471.jpg



さぁて、ここにやってきたのには大きな目的があるのです。

それは、この素敵なプールサイドで寛ぎまくりながら、“ナシアヤム・クデワタン・イブ・マンクー”の“ナシアヤム”を食べるのだ!!というコトです。

“ばりちゅう”のバリバリさんがそのシチュエーションを満喫されているのを拝見して、ますます楽しみにしていました。

しか~し、この日は朝からバトラーSクンから音沙汰が無い・・・。

たぶんこの日の予約事項を前日に伝えてあったので、特に用は無いだろうと思っていたのだと思うのですが、朝から音信不通・・・。

ナシアヤムのブンクスのお願いはしていなかったので、こちらから午前中にバトラーSクンに電話をしてクデワタン・イブ・マンクーのナシアヤムをブンクスしてプールサイドに届けてね♪とお願いをしておきました。

受話器の奥からは、Sクンの元気な「OK!」の声。

この時は、何も不安は感じなかったのでございます・・・。

プールサイドに来るとスタッフの方が何処に座るかを聞き、ささっと準備をしてくれます。

そして間髪置かずにサーブされるお水と冷たいおしぼりとボディローション。

e0068534_11572451.jpg


こういうサービスって嬉しいですよね~。

そして、プールサイドでもコンプリメンタリーのドリンク。

e0068534_11573260.jpg


ここでもビンタンがフリーというのが嬉しい!嬉しすぎる♪

妹は、ハーブのジュースにしていました。

さっぱりして、おいしかったそうです。

で!






オサレなプールを眺めながら、そのナシアヤムを心待ちにしていた訳でござります。

ビンタンを飲みつつ本を読んでいると、プールサイドのカフェのスタッフの方が来て「バトラーSに、こちらにお食事を届けるようにとオーダーされましたか?」と聞いてくれました。

「えぇ、お願いしてあります。」と答えると、スタッフの方はにっこり笑って、でも半分不安げにキッチンの方へ。

その不安げな様子は何かな??

少しすると、大きくて真っ白なボウルに入ったお料理が、私たちのディベッドのテーブルに運ばれて来ました。

おおお!

遂に届きましたナシアヤム!

・・・って、これナシアヤムと違うやん?!?!

それは、黄色いスープのような感じで、ターメリックとココナツの香りがして、後でよく考えると“ラクサ”みたいなお料理です。

でも、その時はそのお料理がいったい何だか全く不明・・・。

これは何かな????????

でも、“ナシアヤム”って、スープは入ってないだろ~~?!?!

「あ~の~、これは私がお願いしたのと違うんです。」とスタッフの方を急いで呼びました。

ナシアヤムをブンクスして届けてねってお願いしたんですけど・・・と説明。

スタッフの方は「おお~!分かった!」と大きく頷いて、速攻そのラクサ??を持って帰ってくれました。

???????

と?マークに取り囲まれていると、バトラーSクン登場!

「ごめんなさ~い、間違えちゃいましたぁ~。」と頭を掻き掻き恥ずかしそうに苦笑い。

「これから行って来ましょうか?それとも、そのレストランにお送りしましょうか?」と言ってくれたのですが、私たちの予定ではその時間的余裕が無さそうだったので、「それでは明日のお昼にヴィラの方へ届けてくれる?」とお願いすると、いつもの元気な「OK!」

・・・キミのOKは、私をなんとな~~く不安にさせるのだよ。(笑)

というわけで、楽しみにしていたプールサイドでのナシアヤム堪能はなんと!玉砕です。(涙)

バトラーSクンが帰った後に、プールサイドのカフェのスタッフの方が「ごめんなさい。」と一生懸命に謝ってくれました。

いいんですよ~!あなたが間違った訳ではないんですもん。

その真摯な姿に、思わず「うちのお部屋のバトラー君になって頂けません?」と言いそうになりました。(笑)

この事件でバタバタしてしまい、この日のお昼ご飯を食べ損ねてしまった訳で・・・。



さっきのラクサみたいの、おいしそうだったなぁ・・・。
[PR]

by mahaloa | 2008-03-21 11:57 | BALI 2
<< たんぼのさんぽ ~ The C... “ THE CANOE HOU... >>