太陽と南の島


太陽と青い空と南の島があれば幸せ♪
by mahaloa
カテゴリ
全体
BALI 7
BALI 6
BALI 5
BALI 4
BALI 3
BIG ISLAND 3
BALI 2
BALI
BIG ISLAND 2
BIG ISLAND
TAHITI
OKINAWA
GUAM
Taipei
Kota Kinabalu
Taipei2
南の島のウマウマ
南の島のお土産
南の島の花
南の島の?!?!
SEOUL
日本 西へ東へ
ごあいさつ
たわごと
にゃお!
フォロー中のブログ
Link is Rings ♪
北川温泉 望水③ プライ..
from おマメ日記
北川温泉 望水② お部屋
from おマメ日記
北川温泉 望水① 絶景ラ..
from おマメ日記
母(アンマー)の味、ふく..
from おマメ日記
201108伊豆旅 朝食..
from Sky is the limit
201108伊豆 至福の..
from Sky is the limit
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


ウブド散策

ウブドの街、モンキーフォレスト通りの急な坂道です。

e0068534_7431413.jpg


遠くにモンキーフォレストが見えています。

この坂は本当に急なので、私たちには登るなんて無理!(きっぱり)

絶対に下る方向へ歩くようにして散策しています。

でも、下りは下りでまた怖い。(笑)

走り出したら止まれなくなりそうです。


ウブドの街にも、新しいお店やホテルが増えていましたが、街の雰囲気は変わらないように思えました。

建った時には雰囲気が違いすぎるとの不評もあったレストランの“グリーン・ハウス”も、今ではしっかりと街並みに溶け込んでいるようです。

でも、歩道の穴ぼこは健在。(笑)



ウブドの街での両替はここ!

e0068534_7432347.jpg


ラヤ・ウブド通りにある、デルガハユさんちの両替屋さん?

初めてウブドに来る前に、どこで両替したら良いのか分らず、とても不安だったので、CIB(チェック・イン・バリ)の掲示板で相談したところ、皆さんがオススメして下さったのがこの赤提灯が目印の両替屋さんでした。

あの時は皆さん、本当に親切に教えて下さって嬉しかったなぁ・・・と思いつつ両替。

お店のお兄さんはニコリともせず怖い顔で応対してくれますが、いつも間違い無く安心して両替が出来ます。

しかも結構レートも良いんですよね♪

さすがにバリ通の皆さんのオススメです。

今回ちょっと冒険してみようと、お隣の銀行に突入して「両替出来ますか?」と訊いてみたら、「隣の両替屋さんでやって~。」と言われました。(爆)


そういえば、その掲示板での相談の時、皆さんにもうひとつオススメして頂いたものが。

それは、“ワルン・マドゥーラ”のサテ・カンビンとグレ・カンビン。

近くだから是非寄ってみたらと、皆さんこぞってオススメして下さいました。

でも・・・お店の前にぶら下がったカンビンくんの足に恐れおののいて、数歩下がる。(爆)

あと10年くらい修行しないと店内突入は果たせなさそうです。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-31 07:43 | BALI 2

このささやかなヨロコビを・・・

キラウエア溶岩ツアーを終えて帰りの車の中は、皆さん爆睡状態。

暗い海沿いの道をヒロからコハラに向けて、車はひた走ります。

ヨレヨレになって、ホテルに到着。

運転もしていないのに、これが結構疲れます。

時間は、すでに23時近く。

競い合うようにシャワーを浴びたら、Gs(ガキドモ)たちは速攻ベッドに潜り込みました。

大きなベッドに埋まるようにして爆睡するG2(ガキ その2)です。

e0068534_8575952.jpg


こいつは、一番ちっこ細い(ここが重要)のだからエキストラベッドに寝れば良いものを、生意気にも「大きなベッドにも寝たいんだ~!」と騒ぎまくり、1日おきに私と交互にエキストラベッドに寝るという約束を取り付けました。

ベッド、余ってます・・・。

私だったら、もっとベッドの横幅を有効活用できるのにさ。



Gsが寝静まった後の楽しみはやっぱりこれ。

e0068534_8582948.jpg


溶岩ツアーに行く前にアイスボックスに入れて、キンキン冷え冷えにしておいたバドワイザー♪

1人静かにグラスを傾け、グビグビ・・・。

ぷは~♪

さらにアップしちゃったりして、このささやかなヨロコビをお伝えしたい♪(笑)

e0068534_8585130.jpg





・・・・・・。

・・・ちっ。

今夜はエキストラベッドか・・・。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-29 08:59 | BIG ISLAND 2

クラブ・ラウンジ室内での朝食 ~ ザ・ナハテラス

この日の朝食は、珍しくクラブ・ラウンジの室内で頂いてみました。

テラス席は木製のテーブルと椅子、そして白いパラソルなのですが、室内は石とガラスのテーブルに渋い色に仕上げられた籐製の椅子。

南の島のらしいカジュアルなテラス席に比べ、室内は落ち着いた気品を感じる雰囲気となっています。

e0068534_933652.jpg


お水を入れるための深い海の色のグラスが、今朝も私たちを迎えてくれました。


これがクラブ・ラウンジの朝食の全容です。

e0068534_9331474.jpg


何だか少ない?!?!・・・と思われるかと思いますが、朝食必須アイテムは一通り揃っています。

パンもトーストなどからデニッシュ類も数種。

シリアルもあります。

ヨーグルトにかけるソースも常時数種類あって、これがまたおいしい♪

いろいろなものが少しずつ用意されており、少なくなるとすぐに補充されるので、この小さなスペースでも十分なのだと思います。

それは、きっとクラブ・ラウンジにゲストが大挙して押し寄せる・・・ということがほとんどないからでしょう。

今朝も、ゲストはちらほら。

ビジネスなのでしょうか、1人で来られているゲストはここで静かにコーヒーを飲みながら新聞を読んでいます。

この静けさがクラブ・ラウンジの大好きな理由でもあります。

静かな静かな南の島の朝。

この雰囲気が大好き♪

今日の朝食の始めの一皿。

e0068534_9332543.jpg


あ、ほんの始めです。(笑)
[PR]

by mahaloa | 2007-10-26 09:33 | OKINAWA

One-bedroom Pool Villa 2 ~ The Chedi Club  

The Chedi Club  One-bedroom Pool Villa のベッドルームです。

きれいに彫刻が施された、どっしりとしたベッド。

e0068534_7391570.jpg


ベッドも事前にホテルにメールをしてツインベッドにして欲しいとお願いをしたところ、ツインベッドの準備が無いのでハリウッドツインなら可能ですとのお返事をもらいました。

妹と二人とは言え、ダブルベッドだと夜中には知らず知らずのうちにお布団争奪戦勃発!

そこで醜い争いを避けるため、是非是非ハリウッドツインでとお願いしておきました。

ベッドはちゃんとリクエストが通っていましたね~。(嬉)


ベッドサイドには、それぞれにアクアとグラスが置かれていて、懐中電灯なども準備されていました。

皆さんがよくおっしゃっているお部屋の絵ですが、ま、かなり個性的ですがあまり見ない事に。(爆)


このベッドの後ろ側に、またスペースがあって、クローゼットが2つと木箱がひとつ(何に使うためかは不明)、ライティングデスクがあります。

e0068534_7393018.jpg


クローゼットが2つあると、妹と場所取り合戦にならなくて済むので、とても便利。(何でも争奪戦←凶暴姉妹)

とても大きなクローゼットなので、余裕でいろいろと仕舞えます。

セイフティ・ボックスはこの中にあります。

中にはプールサイドに持って行けそうな編み篭バッグも準備されていました。


そして、何故だか暖炉。(笑)

e0068534_7393975.jpg


火は点けられそうもなかったのですが、何故に暖炉???

暖炉の上には花瓶とお香立てがあって、毎日小さな可愛いお香が置かれていました。

ベッドルームは2方向がガラス戸で、ブラインドを開けると光がすぅっと射し込みます。

トラディショナルなインテリアと聞いていたので、ちょっと重いかも?と思っていましたが、お部屋の周囲に緑がぐるっと植えられていて、とても明るい感じのお部屋です。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-24 07:39 | BALI 2

One-bedroom Pool Villa 1 ~ The Chedi Club 

今回私たちがThe Chedi Club で滞在した“ One-bedroom Pool Villa #12 ” について、少しずつ(笑)ご紹介します。

e0068534_12153471.jpg


ヴィラの入り口は、この写真の左側にあたります。

入り口を入るとすぐに壁があり、入り口から中が見えるのを防いでくれています。

そこからさらに中に進むと、このプールに続きます。

プールは結構深そうで水も冷たかったので、やはり泳げませんでした。

でも晴れた日は、水に足を浸けてピチャピチャと戯れるだけでも、とっても気持ちが良いものです♪

プールには朝になると心地良い音をたてて水が流れ始め、夜になるといつの間にか止まって静かになります。

ちょうどその下にいれば打たせ湯状態になるかも?とちょっと期待したのですが(温泉じゃないんだから・・・笑)、なんと言っても水が冷たくて中に入れないので、チャレンジ出来ず断念。

プールサイドにはデッキチェアが2つあり、のんびりと日光浴が出来るようになっています。

The Chedi Club のOne-bedroom Pool Villa というと、ガイドブックなどにはプールの先に開き戸があり、扉を開くとどど~んとライステラスという風景が載っていますが、#12のお部屋はライステラスには面していません。

ライステラスビューが望めるのは、#5~#9のOne-bedroom Pool Villa のようです。


e0068534_12155629.jpg


1枚目の写真の立っている位置からプールを挟んで反対側からの眺めです。

半開きになっている小さなガラス戸が、ベッドルームへの入り口です。

その前にも大きなソファがあって、ここにはバスタオル・うちわ・クールミスト・灰皿などが置かれています。

このソファでも、十分お昼寝出来そうです。

う~ん、あちこちに寝るところがありますなぁ。(喜)

The Chedi Club は、とにかく大変静かで、このプールサイドに居ても、聞こえるのは鳥の声と風が木々を揺らす音だけ。

その静けさに包まれて、心に刺さったトゲトゲが、みるみるうちに解けていくようです。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-22 12:17 | BALI 2

ボルケーノ・ハウス

どろどろ溶岩が見られなかった場合は、帰り道に天体観測の時間をとってくれます。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの街灯の無い場所で、道が広くなった辺りに車を停めて、すっかり真っ暗になった夜空を見上げます。

e0068534_802222.jpg


はい!大変申し訳ありません!(爆)

これでも一応星空を撮ったはず・・・・・・・だったんですが。(写る訳ないし・・・)

ただの黒い四角だ・・・。(^^;;

さすがにマウナ・ケアの山頂には全く敵わないと思いますが、なかなか東京では見られないたくさんの星が見えています。

きれい~。

ガイドさんが空にレーザーポインターを向けて、説明してくれます。

屋外プラネタリウムのようです。(こっちが本物だっちゅうに)

口を開けて星空を見上げていて、喉が渇いて首が痛くなった頃、帰路へつきます。


帰り道にはトイレ休憩のため、ボルケーノ・ハウスに立ち寄ります。

e0068534_7583490.jpg


もう夜もかなり更けて来ました。

ボルケーノ・ハウスのリビングにあるこの暖炉は、100年以上も前からずっと燃え続けているとのこと。

e0068534_758429.jpg


幾度もの大噴火も見てきたのでしょう。

このホテルの建物も歴史の重さが感じられて、とてもいい雰囲気です。

さぁ、ヒロから2時間程かけて帰りましょう!

(遠い~~。)




 § ハワイ島情報 §

前の記事でshinjiさん が質問して下さったのですが、ハワイ島の溶岩は持ち出しても良いのか・・・??

ハワイ島の溶岩には言い伝えがありまして、溶岩を島の外に持ち出すと火の神ペレの怒りをかい、たたりがあるとか・・・。

知らずに持ち帰ってしまって、その後不幸な事が立て続けに起こり、溶岩をハワイ島に返しに来たり、元の場所に戻して欲しいと送り返されてくることも多々あると聞きます。

ハワイ島の溶岩は持ち帰らないようにしましょう。(^^;;

私たちは靴の裏の溶岩まで、しっかりと掃って帰って来ました。 ← 小心者
[PR]

by mahaloa | 2007-10-19 07:59 | BIG ISLAND 2

溶岩の上でG1いじける! ~ キラウエア


キラウエア溶岩どろどろツアー真っ最中!

辺りは一面黒々とした溶岩だらけ。

e0068534_8243875.jpg


どこまでもどこまでも溶岩の大地が続きます。

でも、今回はどろどろと流れている溶岩には会えなそうな雰囲気が濃厚に・・・。

いくら歩いてもどろどろ溶岩のあの灼熱感がありません。


と思っていると、ガイドさんが平らな場所を見つけて望遠鏡をセッティング。

ちょうど視線の先に、溶岩が海に流れ落ちる場所が見える所にやって来ていました。

e0068534_8245137.jpg


でも、まだまだ相当離れています。

入り江をひとつぐるっと周った先くらい。

噴煙はかなり見えているのですが。

辺りはずいぶんと暗くなって来ました。


「ここで望遠鏡で溶岩が海に流れ落ちているのを見てください。」とガイドさん。

あぁ、やっぱり今回はどろどろ溶岩には近づけないようです。

ツアーの皆さんと交替に望遠鏡を覗くと、噴煙の合間にチラッチラッと溶岩の赤い色が見えます。

(でもな~、これじゃ不完全燃焼だわな。)と思っていると、G1(ガキ その1)が望遠鏡を覗きもせずに足元の溶岩を崩しまくっています。

e0068534_825583.jpg


溶岩って、表面を崩すと中はこんな風な不思議な色になっているんですね~!って、
おいおい、G1も望遠鏡を覗いたら?

「いい。」

G1はいじけておりました。(爆)
[PR]

by mahaloa | 2007-10-17 08:25 | BIG ISLAND 2

ドラゴンフルーツ

ザ・ナハテラスのクラブラウンジでの朝食です。

e0068534_8291353.jpg


ブッフェタイプの朝食のジュースは日替わりになっているのですが、私はこのグアバジュースが大好き♪

濃厚で香りが良くて、本当においしいんです。

ある日、グアバジュースが無かったので「クラブラウンジの人に(ホントはゲストリレーションズオフィサーと言うんです・・・笑)グアバジュースが飲みたいな~って言ってみようかな~。」と席から立ち上がろうとしたら、妹に「お姉ちゃん!そんな無理を言うもんじゃありません!オレンジジュースで我慢しなさい!」と叱られてしまいました・・・。

それくらいおいしいです。(爆)


今回の沖縄への旅に際して母からのリクエスト。

「沖縄に行ったら食べたいものがあるの!」

そのひとつは“青パパイア”。

青パパイアはサラダにしても炒め物にしてもシャキシャキとした食感がとてもおいしく、沖縄ではひとつの野菜として使われています。

でも、今回は季節が違うためか出会うことが出来ませんでした。


もうひとつが“ドラゴンフルーツ”。

これは温室栽培物もあるためか、あちこちで見つけることが出来ました。

ドラゴンフルーツは、サボテン科・ヒモサボテン属の植物。

そう、サボテンの実なんですね~。

中味が白いものと赤いものがあるのですが、赤い方が甘味が強いとのこと。

スーパーマーケットで購入してお部屋の冷蔵庫で冷やしておき、この日の朝食の時にクラブラウンジへ持って来ました。

ゲストリレーションズオフィサーの方に、「母が食べたいと言うので切り分けて頂けますか?」とお願いすると、「もちろんです!」といつもの温かい笑顔で受け取って、早速キッチンへ。

朝食を食べていると、こんなにきれいに切り分けて持って来てくれました。

e0068534_829412.jpg



中味もホントに真っ赤です。

e0068534_830453.jpg



早速喜び勇んで1~2切れをつまんだ母は、あっという間に「もう十分だわ。」

母が想像していた程、甘味がなかったようです。(笑)

ドラゴンフルーツは、もともとほの甘い程度の味なんですよねぇ。

・・・って、ええっ?

それで残ったこの大量のドラゴンフルーツは・・・???

せっかくお願いして切って頂いたのですから、残す訳にはいきません!

・・・・・・・・当然、私のお腹の中へしまいました・・・・・。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-15 08:30 | OKINAWA

南の島のキケンな生物2 ~ カツオノエボシ


カツオノエボシというのは、強烈な毒を持ったクラゲの一種です。

カツオが日本にやって来る時期と同じ時期に海流に乗って来るということと、浮き袋の部分が烏帽子に似ていることからカツオノエボシと呼ばれるようになったそうです。

また、触手の真っ青な色と浮き袋の形から、Bluebottle とも呼ばれるそうです。

大きさは約10 cm ほどで、頭のような部分の浮き袋で海面にぷかぷか浮かびます。

カツオノエボシは泳がず、海流に流されて漂うだけなのだそうです。

毒を持った刺胞のついた触手は、約10 m から長いものだと約50 m にもなるとのこと。

刺されると強烈な電流を受けたかのような激痛があるそうです。

小さな子供が刺されると、命にかかわる場合もあるとか・・・。

体は透明とブルーのため海の色に溶け込んでしまい、見つけるのは大変困難とのことです。

e0068534_923222.jpg

...................................................................... Copyright(写真): Wikipedia

その日は、沖縄の離島でシュノーケリングをしていました。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-12 09:27 | 南の島の?!?!

ご対面! ~ The Chedi Club 

朝食を終えてレストランからお部屋へ向かって歩いていると、私たちのヴィラの前辺りを“至急プレスお願いねバージョン”の服をひらひらさせながら、小柄なバトラーくんが歩いています。

バトラーくんは私たちに気付くと笑顔で「これ、ワタシの服ね~!」と掲げて見せてくれました。
(おしい!あなた達の服ね~!だな~。笑)

このカレが、何を隠そう(隠すこともありませんが)私達の担当バトラーのSクンでした。

日本語を少し話せるので、一生懸命日本語で話しかけてくれます。

ただ、ちょっと込み入った話になると分らなくなってしまうので、その時は話の途中で突然英語に変更。(笑)

でも、頑張って日本語を勉強していると話してくれました。

初めましての固い握手を交わし・・・たとたんに、捕まえた~♪とばかりに、Sクンに早速お願いの山。

バリ滞在中のレストランの予約や、スマラ・ラティのチケットの確保、ホテルカーの予約等について書いたメモを渡して説明し、「予約しておいてね。」と笑顔で強要。

このメモにはレストランの名前から住所、電話番号、予約して欲しい日時などを、しっかりと書いておきました。(だって、バリなんですもん。笑)

Sクンはスマラ・ラティが分らないようだったので、心配になり「大丈夫?」と訊ねると、「大丈夫!」と元気な返事。

ホントに大丈夫かいな~??とちょっと不安顔の私達に明るく手を振って、メモを握り締めたSクンは戻って行きました。

信じるしかない・・・。(爆)


Sクンとの対面を果たしたら、ウブドの町へお買い物に出発。

ホテルカーが待っている駐車場へ向かう途中の景色をご紹介。

こちらがレセプション棟です。

e0068534_7381446.jpg


オープンエアで開放的ですね~。

屋根の上にも背の順にきちんと並んだ象たちがいます。

でも、いつ通りかかってもここでゲストの姿を見かけたことはありませんでした。

ここにひと時座っていたら、まるでこのホテルを貸切っているかの様に感じられたかも・・・♪

この景色は、門からレセプション棟を望んだところです。

e0068534_7382331.jpg


手入れの行き届いた緑溢れる庭と道が広がっています。

お天気もすっかり回復して来ました。

これが駐車場から見たThe Chedi Club の門。

e0068534_738529.jpg


門の上や周囲には、守り神の象がわんさかいます。(笑)

The Chedi Club にはフリートランスポートがありますが、車の台数が少ないようです。

早め早めに予約しないと、突然のお願いは叶わないことがあるので気をつけて下さいね。
[PR]

by mahaloa | 2007-10-09 07:38 | BALI 2