太陽と南の島


太陽と青い空と南の島があれば幸せ♪
by mahaloa
カテゴリ
全体
BALI 7
BALI 6
BALI 5
BALI 4
BALI 3
BIG ISLAND 3
BALI 2
BALI
BIG ISLAND 2
BIG ISLAND
TAHITI
OKINAWA
GUAM
Taipei
Kota Kinabalu
Taipei2
南の島のウマウマ
南の島のお土産
南の島の花
南の島の?!?!
SEOUL
日本 西へ東へ
ごあいさつ
たわごと
にゃお!
フォロー中のブログ
Link is Rings ♪
大変ご無沙汰しています、..
by umi_bari at 16:38
では・・・ みーちゃん..
by yur-cafe at 00:36
鍵コメ2さん☆ お知ら..
by mahaloa at 16:40
miyoさん☆ ご心配..
by mahaloa at 16:39
鍵コメ1さん☆ 本当に..
by mahaloa at 16:37
mahaloaさん、お久..
by yur-cafe at 01:28
HANAさん☆ ご無沙..
by mahaloa at 12:29
アラックさん☆ ご無沙..
by mahaloa at 12:27
mahaloaさん、ご無..
by hana_aloha at 22:47
ありがとうございます、な..
by arak_okano at 06:21
最新のトラックバック
北川温泉 望水③ プライ..
from おマメ日記
北川温泉 望水② お部屋
from おマメ日記
北川温泉 望水① 絶景ラ..
from おマメ日記
母(アンマー)の味、ふく..
from おマメ日記
201108伊豆旅 朝食..
from Sky is the limit
201108伊豆 至福の..
from Sky is the limit
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


“ THE CANOE HOUSE ” 5 ~ マウナラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ


大好きなレストラン“ THE CANOE HOUSE ” で、Gs(ガキドモ)と何だかんだと大騒ぎで夕食を楽しんでいると、辺りがどんどんオレンジ色に変わっていきました。

e0068534_73156.jpg


マウナラニ・ベイのSun setです。

今、まさに沈もうとする夕陽。

e0068534_7311210.jpg


今日一日に、そして楽しかったハワイ島にありがとうという気持ちが溢れてきます。


この日、カヌー・ハウスで私たちのテーブルを担当してくれたのは、笑顔がとても優しいおばちゃんでした。

が、そのホスピタリティとプロフェッショナルなお仕事ぶりに、おいしい食事にも勝るほどGsが大喜び。

Gsが二人とも男の子だと思ったおばちゃんは、「私にも二人の息子がいるのよ~。」と話してくれました。

「おばちゃんの息子さんなら、きっととても素敵な息子さんなのでしょうね!」と言うと、「えぇ、自慢の息子達よ。」とにっこり。

このおばちゃんがそれはもう素晴らしいお仕事ぶりで、いつもどこか遠く見えない所から私たちのテーブルを気にしていてくれるのです。

Gsがお水を飲みたそうにすれば、お願いしなくても持ってきてくれ、お料理が届くペースも最高のタイミング。

それはレストランとしての普通のサービスと言えばそうなのですが、そのタイミングを始め何もかもが本当に私たちの気持ちとぴったりで、子供のGs達でさえ感動してしまうほどなのです。

ゲストの気持ちにぴったりと寄り添ったサービス。

なかなか出来る事ではないなぁと思います。

このレストランの名前を世に響き渡らせている要因の一つは、こんなに素晴らしいスタッフの存在なんだと改めて実感しました。

e0068534_7312311.jpg


“ THE CANOE HOUSE ” 私にとって、世界一好きなレストランです。
[PR]

by mahaloa | 2008-04-30 07:31 | BIG ISLAND 2 | Comments(16)

古宇利島 2



沖縄 本部半島にある古宇利大橋。

橋の下には、白砂の小さなビーチもあります。

e0068534_82526.jpg


お天気が良かったら、この海も薄い色から濃い色への青のグラデーションがきれいだったでしょう。

かなり薄暗くて残念です。

でも、せっかくドライブして来たので、古宇利島を一周してみることに。


島はサトウキビ畑が広がって、な~んにも無いのですが、昔ながらの沖縄らしさに溢れています。

むか~しの離島って、こんな感じだった♪

小さな小さな島なので、島内一周と言ってもあっと言う間。

古宇利島側から見た、古宇利大橋。

e0068534_821694.jpg


海のきれいさがなんとなく分かります。

真っ青なきれいな海が見たかったー!

リベンジを誓いながら海を眺めていると・・・。

雲の切れ間から、一瞬陽が射して、海がキラキラと輝きました。

e0068534_822933.jpg


今度来る時は、もっともっといいお天気でありますように。

さぁて、次は本部半島の山のカフェを目指します。
[PR]

by mahaloa | 2008-04-28 08:02 | OKINAWA | Comments(4)

古宇利島 1 

今回の本部半島ドライブの目的地のひとつが、「古宇利島(こうりじま)」です。

古宇利島は周囲約8kmの小さな島。

2005年2月に古宇利大橋が開通して、その橋から見る海と風景がとてもきれいと大評判になりました。

古宇利大橋は、今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(やがじじま)を結んでいて、長さが1960mあります。

まっすぐに海の上を渡るその姿は、圧巻。

e0068534_12312932.jpg


橋の手前には沖縄らしい赤瓦の東屋があります。

e0068534_12314374.jpg


この東屋の側に小さな駐車場があるので、そこに車を停めて橋の歩道を散歩する事も出来ます。

その駐車場に着く手前の道、坂を登りきってふっと下る瞬間に、どど~んと急に視界が開けて古宇利大橋と古宇利島が見える場所がありますので、ドライブされる方はその一瞬を見逃さないで下さいね!

写真に撮りたかったのですが、私はハンドルから手を離せず、母と妹はカメラなど扱えず扱う気も無く(涙)。

この日はお天気がいいのか悪いのか分からないような空模様で、青空は見えているのですが、陽が射してくれません。

e0068534_12315081.jpg


やっぱり晴天のもとでないと、きらっきらのコバルトブルーの海は見えないようです。

かなりショック~。
[PR]

by mahaloa | 2008-04-23 12:31 | OKINAWA | Comments(8)

ドライブ出発点 ~ ブセナテラス

ザ・ナハテラスからジ・アッタテラス経由、ブセナテラス行きのシャトルバスに乗って、のほほ~んと鼻歌まじりに車窓から沖縄の街並みを楽しんでいると・・・。

到着!

e0068534_7373622.jpg


ブセナテラスです。


大きなホテルなので、迫力がありますね。

e0068534_7375126.jpg


オフシーズンなのですが、車や人もたくさん行き交っています。


ブセナのロビーフロアです。

e0068534_7381582.jpg


ザ・ナハテラス同様、全体の色調に白とベージュが多用されて、落ち着いた雰囲気になっています。

スタッフの方の制服も、白とベージュで上品な感じ。

天井も高く、そこここに緑やお花があるので、南の島のリゾートホテル感いっぱいです。

e0068534_7382682.jpg


ブセナ内には、オリックスレンタカーのブースがあり、宿泊者ではなくても借り出す事が出来ます。

前もってネットで予約しておくと安心・スムーズですね~。

母と妹をロビーで待たせて、レンタカーの手続きへ。


そして、今回の本部半島ドライブの足となってくれるのが、こちら!

e0068534_739749.jpg


白のホンダ フィット君。

ザ・ナハテラスの白のベンツにくらべると小っこっ!

でも、安心ナビ付きです。

頼りにしてるよ~♪
[PR]

by mahaloa | 2008-04-21 07:39 | OKINAWA | Comments(6)

夕暮れのレストランで 2 ~ The Chedi Club 


日が傾き、夕暮れの静かな時間がレストランに流れています。

夕食にはまだ早い中途半端な時間のため、他のゲストの姿も無く、この素敵な場所をまたもや二人占め状態。

サラサラと稲穂が風にそよぐ音を聞きながら、ぼ~~っとする時間はなんとも贅沢に感じます。

お腹もそんなに空いていないので、軽く飲んでちょっと小腹を満たす程度にすることにしました。


こちらは、“ロゼのワイン”。

e0068534_823156.jpg


グラスの水滴が冷え冷えを物語っておりますね~♪


妹は、スイカ?苺?の入ったカクテルです。

e0068534_823987.jpg


甘くてフルーティで、とても飲みやすかったそうです。

どちらもピンク色がとても可愛くて、私たち姉妹にぴったり♪(投石禁止ですっ!)



おつまみは、“生春巻き”と“ミーゴレン”にしてみました。

e0068534_825044.jpg


バリで“ミーゴレン”を食べるのは、これが初めてでした。

香ばしくてバリらしいスパイスの香りがして、おいしいんですね~!

皆さんのレポを拝見していても、なんとなくイメージは“○ヤング ソース焼きそば”だったのですが、大きな思い違いだったと実感!

こんなにおいしいものなんですねぇ♪


ミーゴレンに感動しつつ、程よく冷えたワインを飲みながら、少しずつ暗くなる田んぼを眺めていました。
[PR]

by mahaloa | 2008-04-17 08:02 | BALI 2 | Comments(10)

夕暮れのレストランで 1 ~ The Chedi Club 


今日は火曜日。

The Chedi Clubの中庭で、夜にケチャが催される日です。

このケチャは、宿泊しているゲストだけでなくビジターの方も夕食付きで鑑賞することが出来るそうです。

が、私たちはその評判の良いケチャをぶっちぎり、ずっと観たいと思っていた“スマラ・ラティ”の「スピリット・オブ・バリ」を観に行く事に。

前日、バトラーSクンに、スマラ・ラティのチケットを取っておいてね♪とお願いすると、バトラーSクンは恒例の元気な“OK!”。

でも、当日の午後になっても音沙汰が無いので、バトラーSクンに「チケット持って来てくれたかなー?」と訊ねると、なんと「チケットは会場の入り口で買えますぅ。」とにっこり。

・・・・・・・。

う~ん、それは知っているんだな~。

でも、先に買って来ておいて欲しかったのでお願いした訳なのね~~。(涙)

大きな声では言えませんが、カユマニス・ウブド滞在の時には、集会所のケチャのチケット手配をスタッフの方にお願いしたのですが、当日の朝食時、きれいな封筒に入って、スタッフの「楽しんでいらして下さいね。お車の手配は何時に致しましょうか?」という笑顔と一緒に届いたんですよー!(大きな声になってるし)

それを期待していたのだよ、Sクン・・・。

ま・・・いっか!



スマラ・ラティを観に行く前にちょっと腹ごしらえという事で、The Chedi Club のレストランへ。

日が傾き、田んぼもオレンジ色になって来ました。

e0068534_7265567.jpg


レストランでは、奥の席は今夜のケチャのディナー用にきれいに準備がされています。

ゲストをお迎えする準備は万端のよう。

入り口近くには、こんなディベッド風の席も。

e0068534_72749.jpg


一度座ってみたかったんですよ、この席♪

早速、よっこらしょー!(・・・おばさんの掛け声)と上ってみましたが、テーブルが低くて足の置き場が無いんですねぇ。

(足が太くて、テーブルの下に収まらないという説もあり・・・)

悲しいですが、やむなく断念。

「今夜はケチャがあるので、奥の席は使えないんですよ。」と申し訳なさそうに言ってくれるスタッフの方に案内されて、空いているテーブルに移りました。

座ったとたんに届いた“クルップ”と“サンバル”です。

e0068534_7271240.jpg


私、海老せんがイマイチ苦手なのですが、これは大丈夫でした♪

いいおつまみになりますなぁ。

夕暮れ時のレストランも、これまたいい雰囲気です♪
[PR]

by mahaloa | 2008-04-14 07:27 | BALI 2 | Comments(12)

“ THE CANOE HOUSE ” 4 ~ マウナラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ


大好きなレストラン、カヌー・ハウスでの夕食。


続いてお願いしたのは、飢えた野獣化しているGs(ガキドモ)を落ち着かせるためのお肉!

ベビーバックリブです。

e0068534_7323832.jpg


ぐるるるるるるるぅ・・・。

Gsが喉を鳴らしています。

君たちは肉食獣かー?!

ベビーバックリブのお皿をそれぞれに置いてくれる時、私たちのテーブル担当のおばちゃんが優しく言ってくれました。

「たくさん食べてね、ぼうやたち。」

あのぉ・・・誰がどう見ても見えないとは思いますが、一応G2(ガキその2)は女の子なん・・です・・けど・・・。 

・・・って、ドレスアップが面倒臭くて、アロハを着せた張本人、それは私です。

苦笑しながらふと見ると、すでに嬉々としてお肉にかぶりついているGs・・・。

ハイエナか?!

しかもなんとG1(ガキその1)は、速攻このお皿のお替りを要求。

素敵な夜なのに、肉食獣たちとのディナーって・・・。(滝涙)


気を取り直し・・・。

メインはブイヤベースにしました。

e0068534_73249100.jpg


これもメインにしてはちっこいな~。(笑)

スープの味が絶妙で、とってもおいしいです♪

でも、お皿をがしっ!と押さえておかないと、G1が自分の分を食べ終えて、獲物を狙う目つきになっています。

これは私のだぞー!


カヌー・ハウスでは、パンはこんな可愛いバスケットに何種類も入ってきます。

e0068534_733031.jpg


パンも全部香ばしくて旨いです♪

なのに、G1はさらにガーリックトーストを要求。

底なし沼です・・・。


この後、デザートをお願いしたのですが、“チョコレート何とか”(すみません、すっかり忘れました)って書いてあったのですが、どんな感じのものかイメージが湧かず。

「どんなのが来るんだろうね~。」と話していると、1ピースなのに異常に巨大なチョコレートケーキのお皿を持ったウエイターさんが私たちのテーブルの横を通り過ぎました。

「見て~、あのケーキ、でかい~!アメリカの人ってどうしてあんなに大きいの食べるんだろうねぇ~。あはは!」と笑っていたら、来ました、私たちのデザート♪

・・・・・・・・・・・・。

さっき通ったケーキじゃん!!!!!

でか~~!

あまりにおかしくて、でもケーキを片付けるのに必死で、なんと写真を取り忘れました。(涙)

でも、1ピースがゆうに5号のケーキくらいありそうでした。

しかもふんだんにこれでもか!と使われているチョコレート。

甘・・・!

しかし、このケーキでさすがの飢えた野獣たちもお腹いっぱい。

ほっ・・・。



次は私が喰われるかと思いましたよ。(^^)
[PR]

by mahaloa | 2008-04-10 07:33 | BIG ISLAND 2 | Comments(4)

“ THE CANOE HOUSE ” 3 ~ マウナラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ

ハワイ島 マウナラニベイ・ホテル&バンガローズの“カヌー・ハウス”での夕食。

夕陽が見える席に案内してもらいました。

私たちのテーブル担当は、元気の良いおばちゃんです。

テキパキと、でもその中にとっても暖かさを感じる方です。

早速飲み物を♪

私はなんと言ってもシャンパンですー!

e0068534_12372765.jpg


Gs(ガキドモ)は確か何かトロピカルドリンクみたいなジュースを頼んでおりましたが、自分のシャンパンLOVEにて、Gsの飲み物の写真はすっかり忘れました。(笑)

むふむふ、冷え冷えでおいひそうです♪


お料理は、まずは海の幸のサラダ。

e0068534_12374014.jpg


・・・って、ちっこい~!

ロブスターの爪などが入っているのですが、この量ではお上品過ぎてGsにかかったらひとたまりもありません!

おい!君たち!一気食いは禁止だ!

ゆっくり食べなさいっっ!!



う~、あっという間に食べちゃいました・・・。

そんなジタバタ大騒ぎをしているうちに、夕陽が沈み始めました。

e0068534_12374998.jpg


目の前です・・・。

きれい~~。




・・・って、見とれている間に私のお皿まで手を伸ばすな~!!!
[PR]

by mahaloa | 2008-04-08 12:37 | BIG ISLAND 2 | Comments(6)

ドライブ行くぞ~! ~ ザ・ナハテラス

ザ・ナハテラス クラブラウンジでのある日の朝食。

e0068534_733187.jpg


クラブフロアに宿泊すると、こちらのクラブラウンジでの朝食か、“ファヌアン”での洋食、又は“真南風”で和食かを選ぶ事が出来ます。

でも、私たちはいつもクラブラウンジに突入。

品数は少ないのかもしれませんが十分充実していると思いますし、何よりとても静かなので、朝食フェチと致しましては、シアワセな時間が満喫できるのでございます。


いつもテーブルの上に置かれているたくさんのジャムの小瓶。

e0068534_7332651.jpg


好きなだけ使って良いというのも、これまたなんとも贅沢ですよね。

でも、いつもふと思うのが、少しだけ食べて残った瓶は持って帰っていいのかな~??という事。

使った物はきっと捨ててしまうのでしょうから、もったいないので持って帰ってもいいんだろうなと思うのですが、小市民なものでいつもちょっと悩んでしまいます。(笑)

残りを捨ててしまうなんて、「もったいないオバケ」が出るぞ!


今日はこれから本部半島の方へドライブ。

ザ・ナハテラスからブセナテラスまでは、ジ・アッタテラス経由でゲスト専用の無料シャトルバスが1日2往復出ています。

これがまた、とっても便利♪

なんてったって、本部までの高速道路を運転しなくて済んじゃうんです! 

なるべく楽したい私としては、ホントに助かります。

そのシャトルバスに乗ってブセナまで行き、ブセナからレンタカーを借りて本部半島を回り、帰りもシャトルバスに乗って戻って来ようという作戦です。

朝は9時出発なのでちょっと出足としては遅くなってしまいますが、楽ちん優先♪

南の島では焦らない急がない。(笑)

ロビーでシャトルバスが来るのをのんびりと待ちます。

e0068534_7333644.jpg


調度品の優しい色調や白で統一されたお花が、朝の爽やかさをさらに引き立てているよう。

e0068534_7334288.jpg


待っている間も眺めているだけで気分が落ち着く感じがします。

今日もいい一日になりそうだー!
[PR]

by mahaloa | 2008-04-04 07:33 | OKINAWA | Comments(14)

“バー・マロード” ~ ザ・ナハテラス

飲んだくれ不良母娘は、飲み足りないぞ!とばかりに、ザ・ナハテラスに戻って、“バー・マロード”になだれ込みました。

“マロード”は、日中はとてもすっきりと明るい空間で、ちょっとした待ち合わせにもぴったりの場所ですが、夜にはしっとりした大人の雰囲気に変わります。

ピアノとコントラバスによるジャズが演奏され、大人の南の島の夜がそこにあります。

e0068534_12132617.jpg



母の一番好きなお酒は、なんと年代物のウイスキーだとか。

深い味わいの出たウイスキーが好きなのだそうです。

私の様に、ビール大好きグビグビプハー!ではなく、ちびりちびりと味わって飲むのが好きなんですねぇ。

んでは、旅の夜にゆったりと飲みましょう!

母には12年もの?くらいのウイスキーをお願いしました。

e0068534_12134028.jpg


琥珀色がとてもきれいです。

私も少し飲んでみたのですが、これがびっくり!!

熟成されたウイスキーって、ものすごくいい香りがするんですね~。

ウイスキー樽の香りが移るのでしょうか。

「若いウイスキーでは、こんな香りは出ないのよ。」と母。

う~ん、意味深いですなぁ。

人生と同じなんですなぁ。


妹は甘いものがいいと、スムージー。

e0068534_12134812.jpg


夜でも“マロード”ではケーキ類なども食べられるので、旅の夜、まだ寝てしまうのはもったいないぞ!という時に、静かな時間を過ごすのにはぴったりの場所です。


ほのかな明かりが灯り、那覇の夜がゆったりゆったりと更けていきます。

e0068534_12135635.jpg



お部屋に戻ると、ホテルからのリピートありがとう♪のウエルカムフルーツが届いていました。

e0068534_121452.jpg


まだ食べるか~?!?!



食べます。(きっぱり)
[PR]

by mahaloa | 2008-04-01 12:14 | OKINAWA | Comments(10)