太陽と南の島


太陽と青い空と南の島があれば幸せ♪
by mahaloa
カテゴリ
全体
BALI 7
BALI 6
BALI 5
BALI 4
BALI 3
BIG ISLAND 3
BALI 2
BALI
BIG ISLAND 2
BIG ISLAND
TAHITI
OKINAWA
GUAM
Taipei
Kota Kinabalu
Taipei2
南の島のウマウマ
南の島のお土産
南の島の花
南の島の?!?!
SEOUL
日本 西へ東へ
ごあいさつ
たわごと
にゃお!
フォロー中のブログ
Link is Rings ♪
大変ご無沙汰しています、..
by umi_bari at 16:38
では・・・ みーちゃん..
by yur-cafe at 00:36
鍵コメ2さん☆ お知ら..
by mahaloa at 16:40
miyoさん☆ ご心配..
by mahaloa at 16:39
鍵コメ1さん☆ 本当に..
by mahaloa at 16:37
mahaloaさん、お久..
by yur-cafe at 01:28
HANAさん☆ ご無沙..
by mahaloa at 12:29
アラックさん☆ ご無沙..
by mahaloa at 12:27
mahaloaさん、ご無..
by hana_aloha at 22:47
ありがとうございます、な..
by arak_okano at 06:21
最新のトラックバック
北川温泉 望水③ プライ..
from おマメ日記
北川温泉 望水② お部屋
from おマメ日記
北川温泉 望水① 絶景ラ..
from おマメ日記
母(アンマー)の味、ふく..
from おマメ日記
201108伊豆旅 朝食..
from Sky is the limit
201108伊豆 至福の..
from Sky is the limit
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


“ジャムー・トラディショナル・スパ”



“タンジュンサリ”のレストランでランチを頂いた後、そのままホテル内のSPA “ジャムー・トラディショナル・スパ”へ。

e0068534_12125056.jpg


建物の中は、タンジュンサリと雰囲気を合わせたように、トラディショナルぅな感じ。

e0068534_12135796.jpg


ちょっとエキゾチック?な雰囲気もあります。

レセプションの中をウロウロと見学しまくってみたい気持ちでいっぱいだったのですが、そこは“タンジュンサリ”に併設するSPAだけあって、雰囲気が凛!とした感じ。

不用意にウロついては失礼になりそうなちょっぴり緊張感のある雰囲気だったので、大人しくソファにうずもれておりました。(笑)


まずは冷たいジンジャー・トニックを頂いて、チェック・インの手続き。

e0068534_12142395.jpg


その後、レセプションを出て、小さな小屋みたいなところに案内されました。

小屋(ちょっと言い方がヘン?・・・笑)の中にはマッサージ用のベッドとロッカーがあって、その中で着替えます。

今回は、“ JEMPIRING PACKAGE”というフェイシャルとボディマッサージのパッケージで80分というメニューにしてみました。

マッサージは優しいタッチで、こちらもトラディショナルぅな印象でした♪

思わずうとうとしていると、80分なんてあっという間!

着替えて、チェックのためにまたレセプションへ戻ります。


外はまだ明るくて、タンジュンサリの緑がきれいに見えます。

e0068534_12144318.jpg


そんな風景をのんびりと眺めつつ、暖かいジンジャーティと冷たいお水で水分補給♪

e0068534_121534.jpg


タンジュンサリの中にあるだけあって、静かな落ち着いたSPAでした。
[PR]

by mahaloa | 2010-07-31 13:33 | BALI 3 | Comments(14)

“リストランテ ラ・リサータ”で朝食 ~ ホテルグランヴィア京都



リベンジ京都旅。

ホテルグランヴィア京都での朝食です。

15Fにあるイタリアンレストラン“リストランテ ラ・リサータ”で頂きました。

15Fなので、眺望はバツグン!

e0068534_1215884.jpg


朝陽が差し込んで、爽快な気分ですー。


こちらの朝食はバフェタイプではなく、オリジナル・ブレックファースト2種から選ぶ形です。

私達はそんなにお腹が空いていなかったので、メイン料理を抜いた軽いタイプにしました。

こちらはお願いすれば追加も可能なパンとジャムです。

e0068534_1242087.jpg


クロワッサンがさっくさくで旨し♪


こちらは、G2(ガキその2)がどうしても食べたいと、アラカルトからオーダーしたミネストローネ。

e0068534_1252154.jpg


これはミネストローネというよりも、トマトシチューというくらいにとろとろしていました。

G2はこれでお腹いっぱいに。(笑)


そして、フレッシュジュースとコーヒーor紅茶の他に、こちらのフルーツ・プレートが付きます。

e0068534_128893.jpg


やっぱり女の子(もとい、女の子1名+おばはん2名)の朝は果物でしょぉー!

彩りがきれいでおいひいです♪

お皿にも朝陽が射して、フルーツも光っています。

e0068534_1292096.jpg


今日もいいお天気、観光日和だー!
[PR]

by mahaloa | 2010-07-29 07:50 | 日本 西へ東へ | Comments(8)

龍安寺 ~ リベンジ京都旅



京都 “龍安寺”にやって来ました。

このお寺は、今回の京都旅でG2(ガキその2)が一番楽しみにしていた場所です。

こちらは世界遺産に登録されているんですね~。

石橋を渡り・・・

e0068534_11464529.jpg


階段を上ると、有名な「龍安寺の石庭」が現れます。

e0068534_11471962.jpg


これはそのミニチュア模型。

e0068534_11474441.jpg


可愛らしいです。

この石庭は幅22m、奥行き10mほどの小さな庭に白い小石を敷き、大小15個の石を配置している「枯山水」と言われるお庭です。

e0068534_11522933.jpg



でも、実はその15個の石は、お庭を眺める縁側からは絶対に15全部は見えず、14個にしか見えないのだそうです。

G2とウロウロと縁側のあっちからこっちから眺めてみたのですが、本当に15個は見えません。

e0068534_11534751.jpg


必ずどれかが陰に隠れてしまうのです。

e0068534_11571116.jpg


日本には古くから「万の物は、完成した時点から衰退が始まるもの」との考え方があるため、15の完全な姿は衰退につながってしまうので、14という不完全な姿に見えるように作られたのではないか?という説もあるそうな。

また、このお庭は、囲んでいる土塀の高さを奥と手前で変えており、その遠近法でお庭が実際よりも広く見えるように作られているそうです。

昔の人は、なんと賢かったのでしょう!
[PR]

by mahaloa | 2010-07-26 05:34 | 日本 西へ東へ | Comments(12)

「マウナケア山頂&星空観測ツアー」 4



溶岩流を後にして、「マウナケア山頂&星空観測ツアー」の4WDバンは「オニズカビジターセンター」に到着しました。

ここの「オニズカビジターセンター」で、どのツアーも皆さん1時間くらいの休憩を取って、身体を高度に慣らします。

ここでは、雲がもう下に見えています。

e0068534_13535298.jpg


随分と登って来ましたねー!

まだ夕方前ですが、今日はこちらで少し早い夕食となります。


その前に、この「オニズカビジターセンター」の片隅でひっそりと生えている「シルバーソード(銀剣草)」を見学に行く事にしました。

この木の柵の奥で、大切に守られています。

e0068534_1357308.jpg



こちらが「シルバーソード(銀剣草)」です。

e0068534_142193.jpg


葉っぱが銀の剣のように見えるところから、その名前が付いたのだそうです。

これは、この草の一生に1度しか咲かないと言われている花が咲いた痕跡です。

e0068534_1359156.jpg


でも、花が咲いたら、銀剣草は枯れてしまうのだそうです。

しかも、このマウナケアに生えている銀剣草は、もう既に絶滅することが決定的となっているのだそうです。

何故なら、この銀剣草が繁殖するための受粉の手助けをしてくれる蜂が絶滅してしまったからだとか。

マウイ島のハレアカラ山にも銀剣草は生えているのですが、マウナケアの種類とは別で、ハレアカラ山の銀剣草を繁殖させる蜂をハワイ島に連れて来てみたそうなのですが、やっぱり種類が違うと蜂も受粉出来なかったのだそうです。

絶滅が決まっている植物を目の前にしている事って、なんだか辛いです。

もう、本当にどうしようもないのかな・・・今の科学の力でもどうしようも無いのかな・・・と考えてしまいました。

今、私達に出来る事は、この銀剣草の周りに近づき過ぎて、周りの土を固めて枯れるのを早めてしまったりしないことだけ。

そんな事くらいでも、出来る事はちゃんとしよう!と、Gsも銀剣草から離れて観察していました。

e0068534_13583723.jpg


Gs達の心にも、絶滅していく命の大切さやはかなさが響いたようで、ちょっぴり真剣な顔。

たくさんの事を勉強させてもらいました。
[PR]

by mahaloa | 2010-07-22 07:27 | BIG ISLAND 3 | Comments(8)

「マウナケア山頂&星空観測ツアー」 3



「マウナケア山頂&星空観測ツアー」の4WDバンは、また少しマウナケアを登り、休憩をします。

こうして少し登っては休憩、少し登っては休憩と、高山病予防のために体を慣らしているのです。

少しずつ高度を稼いでいるのですが、自分の体がその都度その高度に適応している事を感じられるので、とても安心です。

今度の休憩場所は、先ほどの牧場地帯とは全く異なる風景の中。

e0068534_13453379.jpg


草木がほとんど無くなり、荒野になって来ました。

そしてこちら側は、一面の溶岩流の跡。

e0068534_1346617.jpg


真っ黒な溶岩の上を歩いてみましょう。

この溶岩は、パホエホエという種類の溶岩です。

歩くとシャリシャリと溶岩が割れて崩れる音がします。

一面、見渡す限り真っ黒な溶岩流・・・焼け落ちてしまった木の跡。

これぞハワイ島。

すごい光景です。

でも、そんな何もかもが飲み込まれてしまったような溶岩流の隙間から、ほら。

e0068534_13503142.jpg


新しい生命が生きようとしています!

キャベツの広がっちゃったような形をした草です。

この草は、かなり生命力が強いのだそうです。

そして、こちらにもまた別の草が。

e0068534_13523760.jpg


何も生えないような溶岩流の跡でも、小さな隙間から小さな命が生まれて育ち、そしていつかは鬱蒼とした緑に覆われた大地へと、また戻って行くんですね~。

自然の力ってすごい~!!と改めて感動です♪
[PR]

by mahaloa | 2010-07-20 07:24 | BIG ISLAND 3 | Comments(10)

“タンジュンサリ”でランチ♪



“タンジュンサリ”のビーチサイドにあるレストランに来ました。

今日はこちらでランチを頂こう♪♪と思っています。

レストランの横には、小さいけれど雰囲気のあるプールが。

e0068534_12394111.jpg


“タンジュンサリ”には独特の空気感があるような気がします。

何か不思議な、時間の隙間にちょっと入り込んでしまったかのような・・・。

それは、ワクワクするような、でもちょっと緊張するような、つかみどころが無いふわっとしたものに感じます。


しばらく、そんな不思議な空気感を楽しんでいると、飲み物が届きました。

e0068534_1240812.jpg


私はまたもや“スイカジュース”♪

“タンジュンサリ”のスイカジュースは、濃くておいしいです!

e0068534_124365.jpg


妹の“アイス・カフェ・オレ”と仲良く並んで。


ランチにお願いしたのは、“ミー・ゴレン”。

e0068534_12434879.jpg


ぷりぷりの海老やお肉と一緒に、野菜もたっぷり。

何より、麺が太めで歯ごたえがあって、いい感じ~!

お味も、さすが“タンジュンサリ”、しつこくなく優しい上品な味付けです。

ちょっと物足りない時は、奥に添えられたピリ辛のナンプラーのような調味料を加えると、また味が引き締まります。

うみゃい~♪♪

あ、しまった!

おいしゅうございます。

今度は、パンケーキやフレンチ・トーストなどの甘いもの系にもtryしたいなぁ!
[PR]

by mahaloa | 2010-07-15 07:57 | BALI 3 | Comments(8)

“タンジュンサリ” に潜入!



今日は、サヌールの老舗ホテル “タンジュンサリ” に潜入!

以前、夜明け前の真っ暗なうちに“タンジュンサリ”の敷地を抜けて、ビーチへ日の出を見に行こうとして、思いっきりセキュリティのお兄ちゃんにとっ捉まりましたが、今日は堂々と潜入です!(堂々となら潜入とは言わんだろう・・・)

“タンジュンサリ”は、“Pavilions, Bali”とJr.タンブリンガンを挟んでほぼお向かいさんにあります。

“Pavilions, Bali”からJr.タンブリンガンに出てみると、街はこんなに賑やか!

e0068534_7344240.jpg


もうすぐ「独立記念日」なので、そのお祝いの飾りがたくさん飾られています。

バリでもおめでたい時って、紅白なんですかねぇ???(この紅白って国旗なんですね!)

いつもは静かで落ち着いた雰囲気のサヌールの街も、華やかな雰囲気になっています。


こちらが “タンジュンサリ” の入り口。

e0068534_735799.jpg


老舗ホテルの風格がありますね~。


入り口を入ると、こんな素敵な長い小道がレセプションへと続いています。

e0068534_738267.jpg


賑やかなJr.タンブリンガンから一歩踏み入れただけなのに、急に静かな空気に包まれるよう。

この小道を行くと、セキュリティ・ゲートがあって、やっぱり一応しっかりもれなくセキュリティのお兄ちゃんに捉まります。

でも、「今日は、ホテル内のランチとSPAに行くんです~。(えっへん)」と告げると、怖い顔がにっこりと笑顔になって、速攻通過OK!

やった~!

ビジターですが、これで私達も“タンジュンサリ”のゲスト(一時だけど)です♪


レセプションの横を抜け、緑いっぱいの迷路みたいな小道をゆっくりと歩いて行くと、ビーチに面したパブリックスペースに出ます。

e0068534_7382397.jpg


オープンエアのバーの日陰と、明るいビーチとのコントラストがきれい。


ビーチへと出てみると、青い空、蒼い海、白い雲、白いパラソル!

e0068534_7384538.jpg


そして色鮮やかなジュクンがあって、これぞ真夏の南の島のビーチだぞー!!感 満点です♪

う~ん、開放感―!
[PR]

by mahaloa | 2010-07-12 07:28 | Comments(8)

金閣寺 ~ リベンジ京都旅



京都リベンジ旅、次にやって来ましたのは、京都の代表的な名勝、金閣寺です。

e0068534_13353243.jpg



参道脇の庭には、まだ早い春だというのに、新緑眩しい苔がきれいに広がっています。

e0068534_13395792.jpg


自然そのままのように見えても、本当は繊細なお手入れがされているのでしょうね~。


はい!こちらが金閣寺ですねー!

e0068534_13415333.jpg


キラッキラです!

金閣寺は侘び寂びと言うよりも、バブリーな感じがしちゃいますなぁ。


私は金閣寺よりも、こちらの方が気になるし・・・♪

e0068534_13435396.jpg


G2:「mahaloa、行くよっ!」

私:「えっ?この名勝、寄らないのぉ~?」(涙)
[PR]

by mahaloa | 2010-07-08 07:28 | 日本 西へ東へ | Comments(6)

“京都 おはりばこ” ~ リベンジ京都旅



京都 錦市場でお昼ご飯を済ませて、さらにまた市場内を探索。

もう♪あれもこれもおいしそうだし、楽しいしぃ♪♪・・・で、ふと気付く。

「今、何時??」

実はこの後、G2(ガキその2)のリクエストで何か体験物をしたい!(修学旅行リベンジって感じですねー!)

とのことで、花かんざし作り体験を予約してあるのです。

体験は1日1回のみで、申し込みの時に「くれぐれも遅刻しないで下さいねー!」と念を押されていたのですが・・・。


私: 「うぎゃぁぁぁぁぁぁ~!!」

G2&G母:「な・何っ?!」


時計を見ると、予約した時間のなんと10分前―!!!

予定では、錦市場を抜けた所からバスに乗って行くつもりだったのですが、無理無理絶対に無理!

やばしー!


3人で市場を駆け抜け、タクシーをひろいます!

目的地を告げると、タクシーの運転手さんは車窓から見える風景を楽しく解説しながら走ってくれました。

フツーに乗っている時なら嬉しいのですが、焦っているので運転手さんの説明もうわの空・・・。

お尻が半分浮いた状態ですー!


お店に着き、運転手さんへのお礼もそこそこに、駆け込む私達!!

2分遅刻でしたー!

お店の中には、先に私達と一緒に体験をされるらしい母娘さんが着いていました。

息を切らしている私達に、「お店の方、ちょっと出ていて遅れるそうです。」とのこと。

やった!良かったです~~。


すぐにお店の方が戻られ、ものすんごく丁寧に遅刻のお詫びをされたので「いえいえ~、大丈夫ですぅ。」と偉そうに笑顔で答える私達。

実は私達もしっかり遅刻だったんですケド・・・あはは・・・。(ちゃっかり内緒)


花かんざし体験をさせて下さるのはこちら。

e0068534_13262419.jpg


“京都 おはりばこ”さん。

お店の中には、たくさんのつまみ細工が飾られていてきれいです♪


こちらのお店の2階で教えて頂きます。

まずは自分の好きな色の布を選びます。

e0068534_13264972.jpg


ピンセットを使って、小さなちりめんの布を折ったり曲げたりしながら、お花のパーツを作ります。

不器用なもんで、これが難しい・・・。


それをかんざしに付いている土台にきれいに貼ります。

e0068534_13311483.jpg


そこに同じちりめんで作った葉っぱや、花芯、揺れる飾りなど順番に付けていきます。

1時間弱くらい格闘したでしょうか・・・。

へい!出来上がりぃー!!

e0068534_1334139.jpg


出来上がったかんざしは、先生がきれいに箱に入れて持って帰れるようにして下さいます。

e0068534_13342599.jpg


結構細かい作業で難しく、ピンセットを持つ手がプルプルしちゃいました。

でも楽しかったー♪♪


G2は、自分の成人式の時に、この自分で作ったかんざしを髪に飾りたい♪と言っておりました。

それはいい考えだ!!

是非私とG母の分も、全部一緒に飾ってくれー♪ (やだ・・・ by G2)
[PR]

by mahaloa | 2010-07-05 07:29 | 日本 西へ東へ | Comments(6)