人気ブログランキング |

太陽と南の島


太陽と青い空と南の島があれば幸せ♪
by mahaloa
カテゴリ
フォロー中のブログ
Link is Rings ♪
北川温泉 望水③ プライ..
from おマメ日記
北川温泉 望水② お部屋
from おマメ日記
北川温泉 望水① 絶景ラ..
from おマメ日記
母(アンマー)の味、ふく..
from おマメ日記
201108伊豆旅 朝食..
from Sky is the limit
201108伊豆 至福の..
from Sky is the limit
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ゆんたくラウンジ @星のや 竹富島

という訳で、着替え&一休みのために「ゆんたくラウンジ」に移動。
レセプション棟から中庭をぐるっと周って行きます。

e0068534_13442797.jpg


こちらも琉球の古民家の風情で、扉はどこも開き戸です。
カラカラ・・・という扉が開く音って、懐かしくて優しい感じがします。


「ゆんたく」とは沖縄の言葉で「おしゃべり」という意味ですね。(^^)
ゆっくり過ごせるようにと、珈琲や紅茶、冷たい飲み物、お菓子類と本などが置かれています。

e0068534_134506.jpg


こちらの飲み物とお菓子はいつでもフリー。
しかも、かな~り遅い時間までOPENだったかと思います! すご!

また、ここに併設されているトイレは「多目的トイレ」になっていて、小部屋くらいの広さがあり、余裕で着替え等が出来ます。
便利♪


e0068534_13452761.jpg


ラウンジ内にはこんな感じのデイベッドみたいなスペースや、テーブル席があって、思い思いの時間をゆったり過ごせるようになっています。


「ゆんたくラウンジ」では、フリードリンクの他に、有料ですが生ビールや泡盛などのオーダーも可能。
目敏く「生ビール」の文字を見つけたG母、目を ☆☆キラッキラ☆☆ させて「生ビールがあるー!!」

却下。

これからサイクリングだぞー。



ラウンジからは、どどーんとプールが見渡せます。

e0068534_13463343.jpg


このプールは温水プールで、夜も泳げるそうな。
でも、敢えて、そう敢えて水着持って来ませんでしたっ!(爆)

だって、(G母水着姿=軽犯罪) + (私水着姿=軽犯罪) = 重罪   


プールサイドには、こんなまったり出来るスペースも。

e0068534_13471131.jpg


がっ!
さっすが八重山、4月なのにものすんごい陽射しの強さと暑さ。
プールサイドにいたら、真っ黒くろすけになっちゃいますー。

冷たい飲み物をぐびぐびと頂いて一息入れて、日焼け止めをまんべんなく塗ったら、サイクリングに出発ぅ!

by mahaloa | 2014-07-31 08:00 | OKINAWA

「星のや 竹富島」 に到着ぅ!

e0068534_13133583.jpg


竹富港からお迎えマイクロバスで10分弱。
港周辺の舗装道路から思いっきり未舗装道路に突入して、車どうしがすれ違うのも大変そうな細い道をしばらく走ったところに、ぽつんとお宿の入り口の目印が。

「星のや 竹富島」に到着???

でも、周りはこんもりした雑木林・・・。
まだ建物の屋根すら見えません。(^^;;
ここからさらにまた少し、未舗装道路を走ります。



で、到着ぅ!

こちらがレセプションの入り口。

e0068534_12481691.jpg


沖縄伝統の琉球赤瓦屋根ですね。
この入り口を入ると、「集いの館」と呼ばれるパブリックスペースが集まる建物があります。

e0068534_1314523.jpg


平屋!
いいですね~♪


中に入って、こちらがレセプション。

e0068534_13151396.jpg


室内を撮りたかったのですが、他のゲストがいらしたので自制しました。(^^;;


ウエルカムドリンクは、さんぴん茶と「ちんびん」。

e0068534_13153657.jpg


ちんびんは、小麦粉に黒糖を入れた甘い生地を、まあるく焼いてくるくるっと巻いた沖縄のお菓子です。
素朴な味わい♪


こちらでチェックインをして、同時にその後のいろいろな予定について相談に乗って頂いたり予約を取って頂いたりします。
まずは、竹富島は初めてなので地図を見ながら、島の概要について教えて頂きました。

e0068534_131653.jpg


小さな島なので、島一周も簡単・・・とのことだけど・・・

距離感全然分らないっす!(爆)


さぁて、本来のチェックインは15:00。
14:00頃にはお部屋に案内して頂けるとの事だけど、まだ午前中なのでどうしますかねー?
まずは着替えて「ゆんたくラウンジ」で一息入れたら、お宿の自転車を借りて(無料)竹富島観光に出かけることにします。

石垣島のタクシーの運転手さん(割とご年配)が、お孫さんと竹富島をサイクリングで一周したそうで、「平坦な島だから、自転車で簡単に周れるさ~。」とおっしゃっていたけど・・・はてさて。

by mahaloa | 2014-07-23 12:44 | OKINAWA

竹富島へ~

カユヌサの旅レポが思いっきり途中になっていますが、 miminnさん が沖縄旅話を楽しみにしてる♪とおっしゃってくださった事に喜んで、沖縄旅レポを先に入れちゃいます♪



今回の沖縄旅、当初は妹と2人で行く予定だったのですが、諸般の理由によりG母(ガキドモ母)との2人旅に。(^^)
G母は、沖縄は久しぶりなので、楽しみ♪にしております。
さて、出発当日。

e0068534_12234981.jpg


何の写真だか分らないかと思いますが(笑)、朝5:00の首都高です。(4月なので夜明け前)
どん暗~。

6:45羽田発 石垣行きのJTAに乗るために早朝出発となったG母(とおまけの私)を空港まで送るため、G父颯爽と(実は無理矢理)出動です。
お仕事前にすみませんねー。(^^;;


出発ゲートから、私達の乗る機体が見えました。

e0068534_8949100.jpg


小っさ!!!(爆)


すっごーく小っさ!!
途中揺れないといいね~と、G母と若干ビビる。(^^;;


そんな心配も無用だったようで、無事に沖縄上空を飛行中。
眼下には真っ青なリーフが見えて来ました!

e0068534_12251350.jpg


この色を見ると、沖縄に来たなぁ~♪って思います。


1日目の予定は、寄り道せずに竹富島へ直行!
石垣空港に着いて、即、タクシーで石垣港へ。

石垣空港は、以前あった場所からかなり離れた場所に新しく建て替えられたのですねー。
以前の狭くて薄暗くて蒸し暑~い空港が懐かしい。(^^;;

しかも石垣港へは、以前の3倍ほどの遠さになりましたー。
と言う事は、時間も3倍タクシー代も3倍・・・およよ。

石垣港から竹富島へは、高速船で約10~15分程度。

e0068534_12255970.jpg


あっという間ですねー。
石垣港も「離島ターミナル」になっちゃって、立派なビルと桟橋が並んでいます。
以前なんて、桟橋の前に行き先毎の小さな掘っ建て小屋がぱらぱらっと並んでいるだけだったのに~。
しばらくご無沙汰しているうちに、カンペキ浦島なワタシたち。(^^;;


高速船に乗り、あっと言う間に到着した竹富港。

e0068534_12264244.jpg


空も海も青い♪


お宿のお迎えバスが待っていてくれました。

e0068534_12272100.jpg


通常のお迎えは午後なのですが、早く到着する場合は石垣港からお宿へ一報入れておくとお迎えに来てくれます。

by mahaloa | 2014-07-15 08:00 | OKINAWA

最後までネコブル!(涙)

さて、帰国日の続き。


チェックアウトをして、ロビーでお迎えの車を待つ間に、外はスコールになりました。
コタキナバル滞在中、初めての雨です。

e0068534_12491911.jpg


コタキナバルに到着時、ツアーのガイドさんが言うには、ここ数日ずっとお天気が悪くて連日で雨が降っている・・・との事だったので心配したのですが、ラッキーなことに滞在中はずぅぅーっとピーカンの晴れ♪
良かったなぁ・・・と思えたのはここまでっ!!!

さぁ!〆のネコブルですよ~!(爆)



コタキナバル空港に着いてチェックインの手続きをしていると、ツアーのガイドさんから国内線がディレイになるとのお知らせが?!
予定では、コタキナバル18:00頃発で20:30頃にクアラルンプール着、乗り継ぎはクアラルンプールを23:30頃発 成田行きの便なので、2時間余りある待ち時間で、クアラルンプールのすっごい広くて楽しいと評判のラウンジを満喫しよう♪♪と楽しみにしていたのです・・・が・・・。

ゲートオープンが18:15??って、これ離陸する時間じゃなくって?

e0068534_12493588.jpg


うっわ、出発時刻が20:10になってる・・・。

この時点ですでに2時間遅れが決定。
仕方が無いので空港内をうろつき、隅っこの方にちんまりとあるマレーシア航空のラウンジを発見。

e0068534_12494950.jpg


ラウンジでぐだぐだしつつ、ふとラウンジ入り口にある出発便の電光掲示板を見てみると・・・
さらに1時間ディレイだとぉぉぉ?!

うっそー!!!

はぁぁ・・・。

e0068534_125069.jpg



結局3時間近くディレイして、やっとコタキナバルを飛び立った国内線。
夜の闇の中、クアラルンプール空港の滑走路にドン!っと車輪がついた・・・のが、23:30。

って、成田行きの便の出発時刻やん?!

うっそー!!!②

どうするんだろ??? 乗れなかったらどうするんだろ???

でも、遅れた私達の便には、他にもわっさりと日本人の旅行者がいらっしゃるので、皆さん運命共同体。
皆でざわざわと降機すると、空港の建物に入った途端・・・

「ナーリーター!!」

「カーンーサーイー!!」

書類を振りまくりながら、乗り継ぎ便の行き先を大きな声で連呼する空港職員さんたち・・・。
ほぼ同時刻で、成田だけじゃなく関空へも乗り継ぎ便があったのね。(^^;;

空港の真ん中で愛・・・ではなく乗り継ぎ便を叫ぶ空港職員さんへと駆け寄る日本人旅行者軍団。

そして!!
往路と同様にまた、走る!!
出発ゲートに向かって、クアラルンプール空港を走ります!!

e0068534_12504212.jpg



Gs「ラウンジ・・・。」
楽しみにしていたラウンジでまったりは儚くも夢と消え、クアラルンプール空港=全力疾走のイメージだけが思い出として残ったのでした・・・。

ありえん・・・。

by mahaloa | 2014-07-04 12:10 | Kota Kinabalu